ISO9001
(2005年取得)

 品質への取組

 品質基本方針
 顧客第一優先の品質保証に徹し、信頼される品質システムを確立する。

 IS9000シリーズの取組
 国際市場で通用する為に、ISOの取得は必須と考え取得への取組みを始めました。最初に取得したDBSチューナー製造(ISO9002)は当時、日本で初めて障がい者主体の濃い上でのISO取得となり、そのことが朝日新聞(1996.4.26)京都新聞(1996.6.12)日経産業新聞(1996.7.10)に取り上げられました。当時とは比較にならないほど、我々を取り巻く経営環境は変化していますが、これからもQMS(品質マネジメントシステム)を活用し、お客様目線で信頼される品質経営の実践により、シャープグループへの貢献を通じて顧客満足の向上を目指して参ります。

1996年 ISO9002「DBSチューナーの製造」
1999年 ISO9002「IR送受信機の製造」
2005年 ISO9001「化合物半導体レーザのチップ化加工」

 
  品質(ISO9001)
                                                                                                                                       
 ホーム > 労働安全衛生・品質・環境活動 > 品質(ISO9001)