OHSAS
(2011年取得)

 労働安全衛生への取組

 労働安全衛生方針
 シャープグループ憲章に基づき、「安全を最優先し、活き活きとした働き易い職場作りの推進」を基本理念として、以下の事項の重要性を認識し、労働安全衛生マネジメントシステムの構築、システムの維持と継続的な改善に努める。

1.法令を遵守し、労働安全衛生マネジメントシステムを確立して、活動の継続的な  改善を図る。
2.障がい者と健常者が共に、安全で快適な明るい職場作りを目指す。
3.従業員の安全・健康を第一に、予防の実施を重点的に取組む。
4.全従業員に安全衛生方針を周知すると共に、労働安全衛生意識の向上に努め  る。

 今後もシャープグループの一員として、障がい者と健常者が協力し、より良い職場環境を目指して、継続的な改善に取組んで参ります。

 
  労働安全衛生(OHSAS)
                                                                                                                                      
 ホーム > 労働安全衛生・品質・環境 > 労働安全衛生(OHSAS)