第16回全国障害者フライングディスク競技大会出場

弊社、田辺生産部の松原千春さんが
2012年8月5日第16回全国障害者フライングディスク競技大会に出場致しました。
今回は松原さんへのインタビューした内容を掲載致します

初の全国大会で堂々の成績
第13回ファインプラザ大阪フライングディスク大会で優秀な成績を収め、全国大会に出場する資格を得ました。
自分にとって初めての全国大会と言うこともあり、全国大会に出場するにあたり、
自分は何回も反復練習を繰り返して、全国大会で上位に食い込めるよう頑張るしかないと思いました。
主に休日において自分で考えた練習メニューを反復練習する事で、自分自身の体にディスクを投げる感覚を覚えこませ、
正確性の向上・飛距離の更なる飛躍を達成出来るように努力しました。

全国大会は東京の駒沢オリンピック公園陸上競技場で実施されました。
大会記録は距離を競うディスタンス競技メンズ・スタンディング部門において41.75mで2位(銀メダル)と
正確性を競うアキュラシー競技ディスクリート・ファイブ(5m)において1位(金メダル)の成績を受賞する事が出来ました。
自らが努力した成果が形となって現れ、上位に食い込むことが出来て嬉しかったです。
そして、自分はこの成績に驕ることなく、次回大会の近畿障害者フライングディスク大会に向けて頑張ろうと決意しました。
また、全国大会では全国各地から参加した人々と出会いがあり、手話でのコミュニケーションを取り、とても楽しかったです。
何より会場の進行をして下さいましたスタッフの皆さんがとても親切で感激しました、
この場をお借りして厚く御礼を申し上げます。
今後もフライングディスク大会などを通じて自分自身を高めたいと考えております。

                                             

    バックナンバー 2012年
   
 ホーム > トピックス > 第16回全国障害者フライングディスク競技大会出場