2012年8月職業体験実習生受入について

 2012年8月に実習をされた皆さんに、実際に行った仕事、感想等お話を伺いました。

2012年8月6日(月)〜8月8日(水)
八尾・柏原障害者就業・生活支援センターより知的障がいの実習生2名を受入ました。
リサイクル業務、伝票整理、冷蔵庫部品関連の業務を担当して頂きました。

実習生の感想
「リサイクル業務は、初日分別作業が難しかったですが、2日目からは職場の雰囲気やチームで仕事をすることに慣れることが出来ました。今回は座ってする伝票整理もしましたが、どちらの仕事も楽しくすることが出来ました。」
「初日はとても緊張しましたが、3日間頑張りました。業務的には、一人でコツコツできる作業がやりやすかったです。部品にシールのようなものを貼る作業を頑張りました。」

2012月8月6日(月)〜8月10日(金)
大阪精神障害者就労支援ネットワーク JSN門真より精神障がいの実習生1名を受入ました。
入力業務を担当して頂きました。

実習生の感想
「あっという間に5日間が過ぎました。仕事の仕方を工夫し、アドバイスをして貰った事がありがたかったです。実習中はいつもより早く寝るなど、実習を中心とした生活を送りましが、終盤の木曜日と金曜日はフルタイムに時間が延びたこともあり疲れました。しかし、1時間に1回休憩をとったことで、かなり楽になりました。JSNの支援を受けながら実習できたこともよかったです。」

               

2012月8月6日(月)〜8月10日(金)
大阪府立だいせん聴覚支援学校より実習生4名を受け入れました。
発送業務・部品梱包業務を担当して頂きました。

実習生の感想
「1週間の実習を通して、指示に従い、協力してやり遂げることが大切と感じました。協力し合わないとうまく前に進まない等、考えさせられました。」
「初めての実習で、いろいろな作業を体験できてよかったです。仲間の様子を見て、頑張る事ができました。作業方法を覚え、最後まで怪我なく出来てよかったです。」
「毎日多くの部品がありましたが、箱に入れる作業を最後まで頑張りました。テープを貼るのが難しかったですが、分からない事は教えてもらいました。」



2012年6月11日(月)〜8月10日(金)
大阪障害者雇用支援ネットワークより精神障がい(発達障がい)の実習生1名を受け入れました。
印刷発送・リサイクル業務・清掃業務・複合機リペア業務・冷蔵庫部品関連の業務を担当して頂きました。

実習生の感想
「薬の影響もあり、眠気に耐えるのが辛かったですが。多くの業務を経験しましたが、複合機リペア業務は、勤務地が遠く、朝早く起きるのが大変でしたが、一番楽しくて時間が過ぎるのも早かったです。仕事をして、気持ちのこもった感謝をされたことがとても嬉しかったです。2ヶ月間、終わってみると短く感じますが、実習中はとても長く感じました。」

2012年8月22日(水)〜8月24日(金)
大阪市立聴覚支援学校より社会体験研修として教員を1名実習生として受け入れました。
リサイクル業務を担当して頂きました。

実習生の感想
「学校での仕事と比較をすると、コストについての考えや、休憩時間と勤務時間のメリハリの付け方等、大きく異なる事と肌で感じることができました。又、同じ仕事を8時間し続ける事が、いかに体力が必要かを感じましたし、自分自身の体力の無さを痛感しました。学校に戻り、生徒には就労に向けて先ず体力をつけるよう、運動部に入って身体を動かす、等アドバイスしたいと思います。」

2012年8月24日(金)
NPO法人クロスジョブにて社会福祉士の実習をしている桃山学院大学の学生さん2名を実習生として受け入れました。
印刷業務・書類整理・伝票整理を担当して頂きました。

実習生の感想
「同じ作業を1日8時間続けることが、簡単な作業であってもこれ程疲れるものか、ということを体感する事ができました。社員の方に緊張をほぐしてもらうことにより、自分自身が利用者さんの緊張をほぐしてあげることの大切さを感じました。聴覚障がい者の方と接するのは初めてでしたが、みなさん顔の表情が豊かで、自分も気がつくと大きなリアクションで話をしていました。」
「立ち作業で疲れましたが、作業が分かりやすく理解できるように工夫されていたので安心してできました。障がい者の方と接する社員さんを見ていると、注意をする際も含め、その人にどう伝わるか、感じるかを考えて接していると感じました。質問の際も、今聞いてもいいのかな、とか、こんなこと聞いてもいいのかな、と不安がありましたが、嫌な顔ひとつせず、答えてもらえたことで安心して次からも質問する事ができました。」

           

2012年8月20日(月)〜8月24日(金)
兵庫県立こやの里特別支援学校より広汎性発達障がいの実習生1名を受け入れました。
複合機リペア業務を担当して頂きました。

実習生の感想
「最初は複合機リペアの実習は少し難しい感じましたが、職場の先輩社員の方々から色々と教えて頂き助かりました。また水曜日からは目標を持って作業を行うことが出来、作業速度や回数が向上して嬉しかったです。自分はまだ2年生なので3年生になっても色々と実習してみたいと思いました。」

2012年8月20日(月)〜8月24日(金)
大阪市立泉尾工業高校より広汎性発達障がいの実習生1名を受け入れました。
複合機リペア業務を担当して頂きました。

実習生の感想
「実際に仕事をしている現場を体験実習させて頂きましたが、周囲の諸先輩の動きを見ていて、毎日仕事をするのはどのような事かと言う実感を得ることが出来、仕事をするのは大変であると感じられたことがよかったです。コミュニケーションの面では問題が起こった際に報告は出来ましたが、相談は中々出来ませんでした。今後は今回わかった課題である相談などのコミュニケーションについてをクリアしたいと思います。そこで、まずは挨拶から改善していこうと思いました。」

2012年8月27日(月)〜8月31日(金)
ピアセンターかわちながのより知的障がいの実習生1名を受け入れました。
入力業務を担当して頂きました。

実習生の感想
「通勤時間が長かったのが大変だと感じました。電車の乗客が多かった日は体調を崩してしまい、今後の課題だと感じました。作業も徐々に慣れていき、速度や不良率が下がったのがよかったです。今後に向けて色々体験を増やしたいので、次は部品の配線組立の実習を体感してみたいと思いました。」

               

    バックナンバー 2012年
   
 ホーム > トピックス > 2012年8月職業体験実習生受入について