2013年2月職業体験実習生受入について

2013年2月に実習をされた皆さんに、実際に行った仕事、感想等お話を伺いました。
2013年1月21日(月)〜2013年2月1日(金)
クロスジョブ阿倍野より発達障がいの実習生1名を受け入れました。
社内営業部の印刷・発送を担当していただきました。

実習生の感想
「印刷物を折る作業は紙の汚れや、やぶれが気になり、不良品かどうかをチェックする時の判断が難しかったです。
でも、見落としの無いようにセルフチェックをし、間違いを出さないように注意しました。
パソコンを使った作業は、今まで自分自身はできないと思っていたが、いざやってみると思っていたよりも作業ができ、
嫌というほどでもなかったです。」

2013年1月21日(月)〜2013年2月1日(金)
クロスジョブ阿倍野より知的障がいの実習生を1名を受け入れました。
パーツの梱包作業を担当していただきました。

実習生の感想
「作業はパーツの袋入れ、箱組、ラベル貼りを行いました。ラベルをまっすぐ箱に貼るのが難しく、作業スピードが
少し落ちてしまいました。実習中は普段よりも疲れを感じてからか、家に帰ってから早く寝ることが多かったですが、
2週間、フルタイムでがんばれたことが、自信につながりました。」

2013年2月4日(月)〜2013年2月8日(金)
和歌山県立和歌山ろう学校より聴覚障がいの実習生を1名を受け入れました。
冷蔵庫部品検品作業、携帯電話修理伝票整理を担当していただきました。

実習生の感想
「最初の日は初めてなのですごく緊張しました。私の興味は細かい作業でした。プロテクタの検品は細かかったんですが、
おもしろかったです。思ってたより数が多くて自分でもびっくりしました。別の作業にも体験させてもらいましたが、
プロテクタの検品の方が興味を持つようになりました。また、シャープに実習を受ける機会があれば体験してみたいと思います。」

                                         

2013年1月28日(月)〜2013年2月8日(金)
クロスジョブ阿倍野より精神障がいの実習生を1名を受け入れました。
伝票整理業務を担当していただきました。

実習生の感想
「2週間の実習を終え、ほっとしたと同時に疲れました。今回の実習では、(休憩1時間を含む)9時間通しての体力や、
報告の仕方、休憩の取り方等が分かり有意義でした。又、報告や相談の大切さを体感することが出来ました。」

2013年1月28日(月)〜2013年2月8日(金)
ウイングル大阪梅田センターより精神障がいの実習生を1名を受け入れました。
入力業務、印刷・発送業務を担当していただきました。

実習生の感想
「私は苦手な部分で作業の最初に間違いやすいことがありますので、今回の実習の課題としてわからない部分は全て質問が
出来るようにと心掛けました。わからない部分は質問を率先して行いコミュニケーションが取れたので課題をクリアすることが
出来ました。以前は質問してもいいのかどうかの状況がわからずに聞けずにいたことがありましたが、ここの職場はすぐに
質問出来る、配慮ある環境でしたので、とてもいい経験になりました。」

2013年2月18日(月)〜2013年2月21日(木)
大阪市立西淀川特別支援学校の実習生を1名を受け入れました。
パーツ梱包作業やパソコン業務、発送業務を担当していただきました。

実習生の感想
「自分は人見知りをするので初日は特に疲れました。今は学校より少し緊張する程度で、だいぶ慣れてきました。
パソコン作業は初めてだったので、一番がんばりました。
仕事はどんな作業でもスピーディーにこなさなければならないが、やはり周りに比べるとスピードが遅いので、
色々な工夫をしながら自分にあった環境を見つけて行きたいです。」

                                        

2013年1月11日(月)〜2013年2月22日(金)※毎週金曜日のみ、計6回
大阪府立泉北高等支援学校の実習生を1名を受け入れました。
書類のリサイクル業務を担当していただきました。

実習生の感想
「週1回(計6回の実習)だけど、立ちっぱなしの仕事なのでたいへんしんどかったです。仕事をするためには
「もっと体力を付けなければ」と感じました。作業は、リサイクル可能な紙なのかを仕分ける作業が難しかったです。
しかし分からない時は一度横に置いて、後からまとめて指導員に聞くように工夫して作業を早く進められるよう努力をしました。」

2013年2月25日(月)〜2013年3月1日(金)
大阪市立西淀川特別支援学校の実習生を1名を受け入れました。
パーツパッキング業務・パソコン業務を担当していただきました。

実習生の感想
「小さいねじを箱に入れたり、ロッカーのカギを自分の力ではめたり、今回の実習は全てが楽しかったし、がんばりました。
初めの3日間くらいは自分から仕事をやりやすくする方法や、手伝って欲しいことなど、想いを発信できなかったが、
作業のやり方が分かってきたり、慣れてきたりしたので自分から徐々にではあるけれど少しずつ発信できるようになりました。」

2013年2月25日(月)〜2013年2月28(木)
クロスジョブ阿倍野より精神障がい者の実習生を1名受け入れました。
伝票整理を担当していただきました。

実習生の感想
「実習初日を迎える前から緊張のため体調がしんどかったですが、いざ実習が始まると心配なく行えました。
過集中になりそうになった時は自分で気づき、深呼吸等を行ったが上手く処理が出来なかったです。その時、指導者から
「休憩したら?」と声を掛けてもらえて助かりました。この事を踏まえて今後は自分から休憩等を訴えられるように取り組みたいです。
作業では確認のため何度も指導者に確認をとることあり、聞きすぎかな?と自分の中で不安になった時も指導者から、
『分からないことがあったら言って』と声を掛けてもらえたので安心して作業が行えました。」

                                                       

  バックナンバー 2013年
   
 ホーム > トピックス > 2013年2月職業体験実習生受入について