2013年12月職業体験実習生受入について

2013年10月28日(月)〜12月6日(金)
HOPEオフィス長堀より、発達障がいの実習生を1名受け入れました。
書類のリサイクル業務、冷蔵庫部品検品、パソコン入力業務、複合機リペア、携帯電話修理伝票整理、印刷・製本、薬の仕分け業務を担当していただきました。

実習生の感想
「後半3週間の目標を@人の話をしっかり聞く(自己採点4点/5点満点)A相手を自分のペースにまきこまない(自己採点4点/5点満点)としました。
一番頑張ったのは薬の仕訳の仕事でした、課題と感じたのは作業をやり過ぎる(集中して力を入れ過ぎる)とことでした。
実習後半は、前半の反省を踏まえて行動しました。
話し過ぎないように、一度話を止めて考えました。話過ぎると自分のペースになるため、相手を不快にさせないようにしました。
1つダメなことがあると他がよくても台無しだと思います。しかしネガティブな考え方を変えるようにしないといけないと思っています。課題となる部分が(今回の実習では完璧には)できていないことに、悔しい気持ちはあります。」

2013年11月5日(火)〜12月13日(金)
クロスジョブ堺より、精神障がい、肢体不自由の実習生を1名受け入れました。
複合機リペア、パソコン入力、携帯電話修理伝票整理業務を担当していただきました。

実習生の感想
「色々なことを経験して、その経験が今後の自分のためになる実習でした。例えば、周りから「この仕事ができる」と思ってお願いされていると感じ、期待を裏切らないよう失敗を自分一人で抱え込んでしまい、自己判断で作業を進めることもありました。また、意地やプライドのため「できます」と言ってしまう場面もあり、連絡や相談が十分に出来ませんでした。
このことは、次に生かす良い経験となりました。」


                                             


2013年11月25日(月)〜12月20日(金)
地域生活総合支援センターきららより、知的障がいの実習生を1名受け入れました。
複合機メンテナンスユニットリペア業務、冷蔵庫部品検品業務を担当していただきました。

実習生の感想
『仕事をすること』はしんどいことなんだと分かりました。冷蔵庫部品の検品作業では検品以外にも箱のテープをはがす作業も行い、すぐに慣れることができ、また、一番楽しく行うことができた作業でした。
(普段通っている)施設と違うことができたので良かったと思います。

2013年12月24日(火)〜12月27日(金)
コラール明日架より、発達障がいの実習生を1名受け入れました。
携帯電話修理伝票整理を担当していただきました。

実習生の感想
今回実習をやり切るために施設で5か月間、早寝早起きの習慣を付け、体力も付け、頑張って訓練してきました。
それにより最後まで決まった時間以外休憩を取らずに作業ができ、作業面でも決められた時間に集中して作業をすることができました。
反省点は指導する方の指示を「メモを取らなくても大丈夫だろう」と思ったことがあり、メモ帳を手に持っていたにも関わらず取らなかったことです。そのため同じ質問を繰り返してしまうこともあったので、次回から気を付けていきたいです。


                                                                                           

     バックナンバー 2014年
   
 ホーム > トピックス > 2013年12月職業体験実習生受入について