当社社員による外部講演について

昨年12月と今年1月に、新規事業開発部第一業務課キャリア教育支援Grの鄭係長が「障がいのある人と一緒に働くことについて」
を中心に講演させて頂いた内容を掲載致します。

昨年12月11日に親会社の人づくり推進部より依頼を受けて、主に各職場の管理職と職場懇談会リーダーを対象に講演を致しました
(参加者120名)。
親会社では、CSR(企業の社会的責任)の観点から人権啓発活動は重要テーマの一つと位置付けられており、
今回は障がいのある人と一緒に働くことについて大切なことは何かを実例を用いて学ぶことを目的に実施され多くの方々に
真剣な眼差しで受講して頂きました。

受講者感想
・活動はもちろん知っていましたが、実際の内容について聞く機会がなかったので有意義でした。今後、障がい者の方と仕事をする
可能性があるかもしれないので参考になりました。
・障がい者が働いている環境について初めて知ることができました。お互いのことを理解した上で気持よく働くとありましたが、
これは障がい者に限らず、すべての職場環境に言えるものだと思いました。


               


社会福祉法人あさか会 はぁとらんど浅香様主催の「社員の障害理解勉強会」において講演依頼を受け、
1月27日に約20名ほどのあさか会社員様を前に講演を致しました。
はぁとらんど浅香様は、障がい者の自立を支援するために生活介護、就労継続支援B型、就労移行支援、相談支援などの
事業を行っており、研修の目的は「企業における障害者雇用の取り組みとしての対応や工夫」について学ぶことでした。
社員の方々は、企業側の視点による支援について、具体的な事例を用いた話に熱心に聴講いただきました。

受講者感想
・シャープ特選の仕事内容と社風がとても理解できた。
・障がい者に対して、仕事上での関わり方についてとても勉強になった。
・とても分かりやすい内容でで、聞きやすかった。
・改めて企業側の取り組みについて聞かせて頂き、とても勉強になりました。何より、精神障がいのある方にフルタイムで
働けるような職場環境づくりに取り組んでいる貴社の想いと行動にとても感動しました。貴社の熱い想いを聞くことで私も支援者として、もっと出来ることがあるのではないかと、考える機会を頂けたと思っております。貴社に講師としてお願いをさせて頂いて本当に
良かったと思っております。本当にありがとうございました。

最後に、講師を務めた鄭係長からは、「当社の取組みを発表する機会を頂けたことを有り難く思いました。障がいのある方と働くことについて会社としての取組みや考え方をまとめ、発表することは私にとって大きなチャレンジでしたが、大変貴重な経験となりました。」との感想がありました。


               


シャープ特選工業は、今後も各団体との連携を深め、キャリア教育支援活動を進めて参ります。                                       

     バックナンバー 2014年
                                                                                                                                    
 ホーム > トピックス > 当社社員による外部講演について