2014年3月職業体験実習生受入について

2014年3月3日(月)〜3月7日(金)
ぴあどりーむより、知的障がいの実習生を1名受け入れました。
携帯電話修理伝票整理業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
「すごく不安でした。作業のバーコードの読ませ方のコツや会議のことなど、「誰に相談を持ちかけようか」、
「どのようにしたら人と話せるようになるのか」など、色々とどうして良いか分からないことがあって、悩みました。
しかし、休まず遅刻することなく通うことができ、最終日には担当の大原さんにほめてもらえたことがとてもうれしかったです。」

2014年2月10日(月)〜3月7日(金)
クロスジョブ梅田より、発達障がいの実習生を2名受け入れました。
事務補助作業、印刷発送業務、パソコン入力業務などを担当していただきました。

(実習生の感想)
「初めは緊張しましたが、皆さんが話しかけてくれたり、作業指示が具体的で、また、見本を見せてくださり行いやすかったです。
印刷・製本業務では「コピーをしながら文字チェックをする」など、複数の指示がある作業でした。入力業務では単一の作業の繰り返しのため、疲れは感じましたがこちらの方が自分に向いているのかなと傾向を知ることができました。」

「わたしは初めてのことに対して不安を強く持つ傾向がありますが前回も実習でお世話になっていたので、以前と比べて楽に仕事が
できました。ただ、部門を異動した時はやはり「大体の報告は出来るが細かな相談がしにくい」「より作業ができるコツ」などが
聞きにくかったです。しかし、前回の実習ではイライラしてしまい作業に集中できなかった時もあったのですが、今回はイライラすることなく実習を終えることができました。」


                                         


2014年3月10日(月)〜3月14日(金)
ぴあどりーむより、知的障がいの実習生を1名受け入れました。
パソコンの入力業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
「この一週間、伝票整理(新規事業開発部)を行いましたが、気付いたらやはりミスばかりでした。初めてのことづくしだったので興奮は
毎日していましたし、もう数字を見るのはイヤでしたが今日まで来られました。
あと残り半日はミスがないのを目標にあきらめず頑張っていきたいと思っています。最初から誰でも一人ではできません。
でも、一人で頑張れるように努力していきます。この実習で勉強し、生まれ変わりたいです。」

2014年1月27日(月)〜3月14日(金)
HOPEオフィス長堀より、知的障がいの実習生を1名受け入れました。
冷蔵庫部品検品作業、携帯電話修理伝票整理業務、書類のリサイクル業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
「実習をしてみて思っていた通り色々なことがあり、『自分はこういうことが苦手なんだ(例えば複数のことを同時にする作業など)』、
『こういうクセがあるんだ』と分かりました。また、実習中、12時を過ぎて就寝することもあり、作業に集中できないこともありましたが、
実習を通して、体調が良くないとミスをしてしまい皆に迷惑をかけてしまうことだと気付くことができました。」


                                                              


2014年3月10日(月)〜3月20日(木)
プール学院大学より、障がいのある実習生を2名受け入れました。
印刷・発送業務、パソコン入力業務、書類のリサイクル業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
「実習初日に「最後まで悔いの無いように頑張りたい」という目標を立てましたが、達成度は10点満点中、4〜5でした。
それは、『質問をする際、自分には心配性な所があるためあまり細かく聞き過ぎてもだめだなと感じ十分に行えず、コミュニケーションの
取り方の大切さを強く感じたから』という理由です。実習で頑張った点は作業内容で苦手なことでもあきらめずに、できる限りの力を
出し尽くし達成感を感じました。」

「当初は初めての作業や朝起きることなど慣れないことが多かったですが、日が経つにつれて慣れてくることを実感いたしました。
作業では、分からないことを皆さんが忙しくされているため言いづらく、そのまま作業を続けてしまうこともあり、また、書類のリサイクル業務では1日中、じっとしたままの立ち仕事の辛さを経験し、リサイクル外の禁忌品の見極めなど細かな作業が大変でした。
実習で頑張った点は、1週間目の伝票の発送業務で最終日、あと少しで終わるところで終業になってしまい、スピードを意識しなければと感じましたが、精一杯やり尽くした点です。」

2014年3月24日(月)〜3月28日(金)
大阪YMCA国際専門学校より、精神障がいの実習生を1名受け入れました。
書類のリサイクル業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
「実習では「チームワークやコミュニケーション、職場の雰囲気、働くとはどんなことか」を学べ、作業ではどのようにすれば効率が
上がるのかを考えながら行いました。また、作業者の責任感(作業手順を守ること)、作業がどれだけ徹底されているものなのかを感じ、さらに今後、自分が気をつけたいことも発見しました。今回は効率について考えましたがどうすれば上がるか自分では答えが出ず、
もっと相談すれば良かったと思います。また、メモを取って仕事を覚えていかなければならないと感じました。」


                                                   


2014年3月24日(月)〜3月28日(金)
ぴあどりーむより、知的障がいの実習生を1名受け入れました。
冷蔵庫部品検品業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
「初めは怒られると思っていました。しかし、ミスをしたときは当然注意されますが、仲野さんが優しく教えてくださいました。
作業はすぐには覚えられなかったですが、メモに書いて覚えるよう努力しました。
たまに眠気におそわれましたが、休憩中に顔を洗ったり体を動かすことで何とか頑張ることができました。
普段はあいさつが苦手なのですが、頑張れて良かったです。休憩中に周りの方ともっとお話ができれば良かったです。」

2014年3月17日(月)〜3月28日(金)
クロスジョブ阿倍野より、精神障がいの実習生を1名受け入れました。
複合機メンテナンスリペア業務と印刷、製本、発送業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
「失語症のため聞き取りでの説明が弱いのですが、ゆっくり教えてもらえたのに加え手順書があったので、時間は掛かりましたが作業の内容は理解できました。今までは分からないことがあっても「まぁいいか」と自分の判断で行うこともありましたが、今回の実習では質問を怠らず行いました。仕事ではスピードも大切だが、きちんとしなければやり直しのため疲労度も時間も倍掛かってしまうのだと知りました。」


                                                                  


2014年3月24日(月)〜3月28日(金)
大阪市立泉尾工業高校より、知的障がいなどのある実習生を2名受け入れました。
パソコン入力業務と携帯電話修理伝票整理を担当していただきました。

(実習生の感想)
「実習では、パソコン入力をがんばりました。決めた目標まで頑張ろうと思ってやりました。
会社では、座って話さず、立って報告することや、敬語などを頑張りました。職場では注意を受けることもありました。初日辛かったですが、2日目からは楽しかったです。学校と違っていろんなルールがある、ということを5日間で学びました。分からないことがあっても色んな人がやさしく教えてくれました。職場体験をしてよかったと思います。」

「しんどいこともたくさんありましたが、楽しいこともありました。ひたすら作業に没頭することや、電車が趣味なので最後まで仕事を
頑張ったら好きな電車に乗って帰られるという気持ちで行いました。また伝票では多くの書類を一人の人が行うのではなく、
全員で作業を分担して行っている様子を見て、仕事は皆と協力して行うのだと気づきました。」


                                                                   
     バックナンバー 2014年
                                                                                                                                    
 ホーム > トピックス > 2014年3月職業体験実習生受入について