2014年4月職業体験実習生受入について

2014年4月7日(月)〜4月11日(金)
ウイングル尼崎センターより、発達障がいの実習生を1名受け入れました。
パソコン入力作業を担当していただきました。

(実習生の感想)
初めての会社での実習経験でしたので、「職場の雰囲気とは、こんな風なんだ」と知ることができ良かったです。また、仕事ではミスの重大さや作業効率を常に意識していなければならないことも感じられました。それに伴って報連相が欠かせないものだと実感しました。
特に作業効率や不良をなくすことを意識を高く持って実習し、振り返りでの評価票でも良い評価へとつながりましたが、今後は他者から見られる際の態度にも気を配りながら学んでいきたいです。

2014年4月16日(水)〜4月18日(金)
じょぶちゃれより、精神障がいの実習生を1名受け入れました。
携帯電話の修理伝票整理業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
3日間の実習でしたが、その内の2日間は立ち仕事でしたので大変疲れました。また、今回は実習時間を昼から開始しましたが、1日だけ8:30から出勤し、朝の慌ただしさを経験しました。
作業では「言われた通りにする・注意されたことをきちんと守る・メモを取って作業を行う」ことに気を付けて精一杯取り組みました。
今後も引き続き気を付け、また振り返りの際にあった「遅刻・忘れ物・コミュニケーション」も意識していきたいです。

                                                               

2014年4月14日(月)〜4月18日(金)
ウイングル尼崎センターより、発達障がいの実習生を1名受け入れました。
コピー機のメンテナンスリペア業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
作業には集中して取り組むことができました。以前経験した総務事務の実習よりも細かな作業で、少し楽しいと感じました。
以前から自分の課題である、あいさつや質問することなども相手の顔を見ながらすることを意識して行い、実習が終わって今後もこの課題を続けて気を付けなければならないと感じました。

2014年4月14日(月)〜4月18日(金)
ウイングル天王寺センターより、精神障がいの実習生を1名受け入れました。
ソーラーパネルの伝票入力業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
欠勤、遅刻、早退をせず、仕事に対して熱心に取り組むことを頑張りました。これらはできましたが、してはいけない自己判断をしたり、周りを見ずに行動するなどしてしまいました。また、最後まで人の話を聞かずに話してしまう等が課題として残りました。実習中は、社員の人に挨拶をし、周りの雰囲気に溶け込むように努めました。

                                                             

     バックナンバー 2014年
                                                                                                                                    
 ホーム > トピックス > 2014年4月職業体験実習生受入について