2014年7月職業体験実習生受入について

2014年6月17日(火)〜7月4日(金)
クロスジョブ梅田より、発達障がいの実習生を1名受け入れました。
印刷業務を担当していただきました。

実習生の感想
今回の実習で頑張った事は自分から質問する事です。今までは自分から質問する事がなかったので実習中は積極的に質問しました。また、5日間フルタイムで作業が出来るか不安だったが頑張って毎日作業する事が出来たのがうれしかったです。私はとても緊張しやすく2日目以降もとても緊張しましたが周りの方がいろいろと緊張しないように配慮して頂き、やはり障害者雇用は一般就労と全然違うなと思いました。

2014年6月23日〜7月4日
クロスジョブ堺より知的障がいの実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務を担当していただきました。

実習生の感想
実習では、パソコンの入力を頑張りました。また、仕事は厳しいものだと感じました。しかし、時間が立つのが早かったです。「分からない事があったらすぐに質問する」という目標を持っていましたが、課題として残りました。(いくつかの職種を経験しましたが)パソコンを使った仕事に興味があり、好きなので、パソコンを使った仕事をしたいと思っています。今回は7時間半の実習をしましたが、なんとか頑張れそうと思いました。

                           

2014年6月7日〜7月11日
兵庫県立神戸聴覚特別支援学校より聴覚障がいの実習生を3名受け入れました。
パソコン入力業務、重要書類細断業務、複合機メンテナンスユニットリペア業務を担当していただきました。

実習生の感想
パソコン入力と、クリップや紙の仕分けを頑張りました。
(日ごろからのくせで)肘をついて作業をしていることを注意されました。
初日は緊張しましたが、同じ聴覚障がいの人が多くいたので、昼休みにコミュニケーションをとることができ楽しかったです。

実習生の感想
シュレッダーの仕事を集中して頑張りました。クリップなどで書類が止められており、外しにくいものもあって大変でした。
働くというのは、本当に大変だと思いました。休憩中に、一緒に働く人といろいろ話せて楽しかったです。

実習生の感想
梱包作業では、いくつかの種類があり覚えるのが大変でした。忘れてしまう事もありましたが、メモをとって見ながら作業しました。翌日には同じ作業をスムーズに行うことができました。
難しい仕事を任されるとプレッシャーに感じましたが、がんばりました。難しい仕事を任されることがやり甲斐に繋がっていることに気づきました。やり遂げると達成感がありました。こういうことを見つけられて(感じることができて)よかったです。

                  

2014年6月16日〜7月11日
ハート株式会社 HOPEオフィス長堀より知的障がいの実習生を3名受け入れました。
パソコン入力業務、複合機メンテナンスユニットリペア業務などを担当していただきました。

実習生の感想
日々の業務では、目標をもって取り組みました。目標を達成しても、まだもっとできる、という気持ちもありました。
仕事面では、新しい仕事をするとき、緊張をしましたが、少しおかしいと感じたことは報告をしました。
一日の全体を通してどう過ごすのかが決まっていないと集中力が欠けていました。持ち物や行動パターンが決まると落ち着いて過ごせるようになりました。

2014年7月11日
クロスジョブ梅田より支援者の方を1名、実習生として受け入れました。
印刷業務を担当していただきました

実習生の感想
初めての生産現場で、業務報告がこんなに難しいのかと感じました。日ごろは、質問を受け、指示をする立場のためとても新鮮な気づきでした。また、慣れない場面では、普段できていることもできにくくなると思いました。利用者さんのしんどさを体感できたことが一番有意義でした。
現場に入り、指示をする方の話を聞いた際、指示以外のことを多く話すと口頭では特に指示がぼやけ、ミスに繋がるのでは、と感じました

                           

2014年7月14日〜7月17日
大阪障害者職業能力開発校より発達障がいの実習生を1名受け入れました。
複合機メンテナンスユニットリペア業務を担当していただきました。

実習生の感想
意志の疎通がとれず、言葉の行き違いがあり、結果として相手への気遣いが出来ず、相手を理解することが出来ませんでした。情報量が少なく、質問もいつすればよいか分からずにパニックになってしまいました。振り返り会で学んだことを、今後の就職活動に活かせるように頑張っていきます。実習を通して、貴重な経験ができました。

2014年7月14日〜7月18日
大阪府立とりかい高等支援学校より知的障がいの実習生を1名受け入れました。
コピー機部品の清掃作業業務を担当していただきました。

実習生の感想
初めは仕事など、慣れないことがたくさんありしんどかったです。しかし日が経つにつれて集中できるようになり、汚れを削ってきれいにするという楽しさも感じられました。
ですが3日目になりアレルギーのせいか皮膚が荒れてしまい、迷惑をかけたくないと思って頑張ったのですが作業を変えてもらいました。
実習で一番頑張ったことは、なるべくかゆみを我慢して作業を行ったことです。反省点は金属を磨く際に、一発でOKにならなかったということです。

2014年7月14日〜7月17日
奈良県立ろう学校より聴覚障がいの実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務を担当していただきました。

実習生の感想
初めてパソコンを使った仕事をしました。仕事とはどんなものなのか、どんなことをするかが分かりました。会社のイメージは当初はピリピリ感があると思っていましたが、周りの人は親切で会社の雰囲気を見ているだけでも安心して作業をすることができました。
実習で一番感じたことは、一つの作業を黙々とこなすより、動きながら色々な作業をする方が向いていると感じました。

                           

2014年7月22日〜7月25日
クロスジョブ堺より発達障がいの実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務を担当していただきました。

実習生の感想
うまくできるか不安はありましたが、クロスジョブでもパソコン入力について自己確認をしながら訓練しているので、自信はありました。
午前のみの実習ということもあり、昼まで集中して作業をし、午後はリラックスして過ごすことができたので就労から1年ブランクはありましたが心身的に安定して実習に取り組めました。

2014年7月14日〜7月25日
クロスジョブ梅田より精神障がいの実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務と印刷業務を担当していただきました。

実習生の感想
印刷製本の部門では感じていませんでしたが、パソコン入力業務の時は午後から目の疲れを大変感じておりました。
しかし、目薬を差しながら何とか頑張りきることが出来ました
作業は2週目の伝票入力をもう少し頑張って(ミスやスピード)行うことが出来れば良かったと思います。

                           

2014年7月22日〜7月31日
クロスジョブ梅田より発達障がいの実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務と印刷業務を担当していただきました。

実習生の感想
実習での仕事は、今行っているアルバイトの仕事とは少し異なり、任される仕事の中身が濃いものばかりだと感じました。PCは普段から利用しているのですが、自宅の趣味で操作するのとは違い、仕事の厳しさも感じることができました。
報告して良いかどうかと悩むことはありましたが、指示を受けたことを誠実に行うように務めました。
最後の実習の振り返りでは、悩むことがあればすぐに報告することに気づきました。

2014年7月28日〜7月31日
クロスジョブ梅田より精神障害の実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務を担当していただきました。

実習生の感想
業務を行っていて「どうすれば良いのか」と感じた時、やはり報告などを行わなければ手を止めて前に進むことが出来ないことに気づき、仕事では報告、連絡、相談の大切さを実感しました。
実習で頑張ったことは4日間休まず、遅刻せずに出勤したことです。反省点は人とお話をするとき、相手の顔を見ずに行っていたことです。

                           

     バックナンバー 2014年
                                                                                                                                      
 ホーム > トピックス > 2014年7月職業体験実習生受入について