2014年8月職業体験実習生受入について

2014年8月4日(月)〜8月8日(金)
大阪府立だいせん聴覚高等支援学校より、聴覚障がいの実習生を2名受け入れました。
印刷業務と細断業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
あっという間の実習でした。学校だったら授業中、時間が気になってしまいますが、仕事だと集中して取り組むことができました。
実習では会社のルールや時間を守ることが出来るかどうかを自分で確かめることを目標として行い、きちんと守りながら取り組むことができました。
少し声が小さいと指摘を受けたこともあったので今後は自信を持って挨拶が出来るようにしていきたいです。

(実習生の感想)
会社とは学校と違い、非常に大変だということを一番に感じました。学校では座って勉強をしますが、実習では一日立ちっぱなしの作業ですし、休憩時間も短いため疲れも感じました。
しかし、しんどいと感じるだけでなく、作業自体は楽しく行うことができ頑張ることができました。
反省点は書類の見落としがいくつかあったため、もっと見直しをしながら取り組めれば良かったです。

                          

2014年8月4日(月)〜8月8日(金)
大阪市立聴覚特別支援学校より、聴覚障がいの実習生を2名受け入れました。
パーツ清掃業務と細断業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
ペーパーガイドを磨く作業を行いましたが、傷をつけないように磨いたり、小さな汚れを見落とさないよう作業をしなければならず非常に細かな作業でした。作業ではガイドの持ち方が間違った方法で持っていたことや、傷をつけないように磨くよう注意を受けました。
聴覚障がい者の人たちと話をするとき時々内容が分からないこともありましたが、あいさつや返事はしっかり行えたと思います。

(実習生の感想)
仕事の内容は覚えやすかったですが、立ち仕事の体力的な厳しさを実感しました。1日目は夜ご飯も食べずに寝てしまうほど疲れましたが、2日目以降は少し余裕ができ、しっかり食べて寝ることができました。
実習の目標の1つにコミュニケーションを取ることを上げましたが、昼食時間などでも中々他者と話しが出来なかったため半分ほどの達成しかできませんでしたが、仕事での報告や連絡はしっかりすることが出来ました。

                          

2014年7月28日(月)〜8月8日(金)
じょぶライフだいせんより、知的障がいの実習生を1名受け入れました。
リペア業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
ここに来て学んだことは「社内でのきびしさ」です。
声の大きさや言葉遣いなど、必要なことなのだとまだ何となくではありますが、分かったように思います。
また、何よりも朝の電車の人混みが苦手で、しんどく感じましたが、遅刻することなく通勤できたことをがんばりました。

2014年8月18日(月)〜8月25日(金)
大阪府立西成高等学校より、知的障がいの実習生を1名受け入れました。
細断業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
前に受けた実習の時よりも、体力的にはしんどかったですが、ためになることも非常に多かったです。
それは、挨拶の方法や同じことを何度も失敗した経験、作業手順の大切さなどです。
仕事場でも初めは慣れないため朝礼などでも端っこの方に居たけれど、徐々に皆さんと一緒に居られるようになりました。
実習一番頑張ったことは8時間を気を抜かずに行ったことです。反省点は手順の抜けや同じ間違いを起こしてしまったことです。

2014年8月18日(月)〜8月25日(金)
ウイングル大阪天王寺センターより、精神障がいの実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
返事やコミュニケーションなどのビジネスマナーや、あれこれやること、報告することがたくさんあり、思っていたイメージとは少し違っていましたが、実習に参加して自分に合った仕事かを見極めるという目標に対して一生懸命取り組み、知ることができました。実習では挨拶や返事が十分できていなかったので今後意識して取り組んでいきます。

                               

2014年8月25日(月)〜8月29日(金)
和歌山県立和歌山ろう学校より、聴覚障がいの実習生を2名受け入れました。
パソコン入力業務と印刷業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
今まで事務関係の仕事が自分に合うか分からなかったですが、今回パソコン入力業務を体験して、あまり困るようなこともなかったので、事務関係の仕事もやってみたいなと思いました。また、作業でもミスが無いようちゃんと確認する事を頑張りました。次は挨拶や返事の際、声をもっと大きくする努力をしたいです。

(実習生の感想)
今までずっと座って作業をする事が無かったので、今回の実習はとても新鮮でした。パソコン入力があまり得意ではないのですが、今回の実習では頑張ってパソコン業務を行いました。また周りに同じ聴覚障害の方もいたので、情報を交換できたりと、とても勉強になりました。

2014年7月22日(月)〜8月29日(金)
みつわ会より、精神障がいの実習生を1名受け入れました。
細断業務と印刷業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
最初は自分には向いていないと思っていましたが、声だし等、いろんな所で配慮してもらったので安心して作業する事が出来ました。それと同時に少し自信がつきました。実習中、分からないと思った所は自己判断せず、担当の人に質問をする事が出来たと思います。今回8時間の実習をして、生活サイクルが実習前と違うので生活パターンを改める必要があると感じました。

     バックナンバー 2014年
                                                                                                                                      
 ホーム > トピックス > 2014年8月職業体験実習生受入について