2014年12月職業体験実習生受入について

2014年12月8日(月)〜12月12日(金)
大阪市立東淀工業高等学校より、知的障がいの実習生を1名受け入れました。
冷蔵庫業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
正直に言って、非常にハードな実習だったと感じました。というのも冷蔵庫部品組み立ての作業では、色々な作業をしましたが、どの作業も一つでも欠けたら止まってしまい進まないという非常に大きな責任感を感じました。仕事とは全部つながっているのだなと感じましたし、お互い協力しながら行うものだと知りました。

2014年12月8日(月)〜12月12日(金)
クロスジョブ堺より、知的障がいと精神障がいの実習生を1名受け入れました。
印刷業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
自分の持つ職場や仕事のイメージは、テレビに出てくるようなオフィスしかイメージに無かったのですが、実際の現場で作業をすることでイメージが広がりました。
今回の実習では一週間の期間を行き切ったということを最もがんばりました。
休憩中は一人で居たり、昼食後、食堂からすぐに出たりしたのでコミュニケーションが不安でしたが、仕事での報告などはしっかり行いました。

 トピックス  2014年
                                                                                                                                      
 ホーム > トピックス > 2014年12月職業体験実習生受入について