2015年9月職業体験実習生受入について

2015年9月7日(月)〜9月11日(金)
大阪市立なにわ高等特別支援学校より、知的障がいの実習生を2名受け入れました。
コピー機部品清掃業務と印刷・製本業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
1日目から3日目くらいまで、細かい汚れとかをどうやったら取れるのか分からなくて困っていました。でも4日目には(一日の)目標を2本と決めて、3本できたことがとてもうれしかったです。(どうすれば)汚れが一番とれやすいのかをしっかり考えたいです。

2015年8月31日(月)〜9月4日(金)
エンカレッジ大阪より、発達障がいの実習生を1名受け入れました。
冷蔵庫付帯業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
この実習を通じて、仕事の大変さを理解しました。担当の皆様は、私のことを気にかけてくれたり、わからないことがあれば親切に教えてくれたりしてくれました。最後まで実習を楽しくできたのは、担当の皆様の親切なアドバイスのおかげです。また自分は言葉づかいのクセや対応を学んでいく必要(アドバイスをもう一度聞きたい時は「えっ?」ではなく、「すいません。もう一度お願いします。」など)があると思いました。

2015年8月31日(月)〜9月11日(金)
なら障がい者就業・生活支援センター コンパスより、発達障がいの実習生を1名受け入れました。
コピー機リペア業務とパソコン入力業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
この2週間の実習は本当に有意義でした。前の職場では注意ばかりされて、自分のことを評価できず自分の長所が分からなかったのですが、この実習で自分の良い所を見つけれたような気がしました。
今回の実習を通して、まず自分はずっと同じ作業をしてても苦痛ではないこと。危険度が高くない生産系の仕事ならばいける気がすること。自分は手先が不器用だが丁寧にやり方を教えて頂ければ、慣れで何とかなること。自分は無意識に速度を上げようとしていて、確認が不十分になってしまうこと等にも気付けました。
この実習は本当に良かったと感じ、この成果をバネに次へつなげていきたいです。

2015年9月7日(月)〜9月11日(金)
大阪市立なにわ高等特別支援学校より、知的障がいの実習生を2名受け入れました。
コピー機部品清掃業務と印刷・製本業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
パソコンの入力や、封筒に入れる作業など、とても丁寧に教えて頂いて、すごく勉強になりました。五日間の現場実習で、働くことの大変さと大切さがとてもよくわかりました。この経験をこれからの学校生活にも活かしていきたいと思います。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 トピックス  2014年
                                                                                                                                      
 ホーム > トピックス > 2015年9月職業体験実習生受入について