2016年7月職業体験実習生受入について

2016年7月4日(月)〜7月7日(木)
大阪障害者職業能力開発校より、発達障がいのある実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務を担当していただきました。

(実習生感想)
今回の実習ではPCを使ったデータ入力作業をしました。初日はPC酔いをして集中力が途切れ、めまいもしましたが、それ以降は1時間毎に休憩を取らさてもらうことで効率よくミスなく作業をすることが出来ました。また、作業に集中する事をがんばりました。今は自分自身でどんな仕事が向いているか分からないので、今後はどんな作業が向いているか感じながら実習を受ける様にしたいと思います。


2016年7月4日(月)〜7月7日(木)
大阪府立芦原高等職業技術専門校より、発達障がいのある実習生を1名受け入れました。
冷蔵庫付帯業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
今回の実習では冷蔵庫部品の組み立て工程で軽作業を行いました。作業中は集中をしてミスの指摘もなく、日々の目標を達成することが出来ました。しかし、大丈夫かどうかが、不安で必要以上に確認作業に時間をかけてしまい、効率がよくありませんでした。今後は、もっと効率よく作業をしていきたいと思います。


2016年7月25日(月)〜7月29日(金)
クロスジョブ阿倍野より、精神障がいと発達障がいのある実習生を1名受け入れました。
コピー機リペア業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
普段施設で行っている訓練より大変でしたが施設以外で報連相を試す等、貴重な体験が出来ました。
コピー機リペア業務で工具を使っての組立作業を行いましたが、同じ作業を繰り返すのは大変だと感じました。ですが組立作業以外に組み立てた製品を梱包する作業もさせていただきました。
この実習を通して一つの作業を続けるより色々な作業を組み合わせて作業した方が自分に合っているのではないかと気付けました。


2016年7月19日(火)〜7月29日(金)
クロスジョブ梅田より、知的障がいのある実習生を1名受け入れました。
パーツ清掃業務と冷蔵庫付帯業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
前職でも職場実習を経験したことがありますが、ここでの実習はボリュームがある実習だと感じました。
実習の作業スピードについては前回の職場実習より早く出来たと思います。また品質についても守れたと思いました。
実習の中で自己判断で作業してしまう場面があったので質問したり状況を見て判断するように気をつけたいと思いました。


2016年7月19日(火)〜7月22日(金)
クロスジョブ堺より、精神障がいのある実習生を1名受け入れました。
印刷・製本業務を担当していただきました。

(実習生感想)
今回の実習では書類整理業務と製本業務を行いました。この実習を通じて、自分には繰り返し作業が適していることがよくわかりました。また、何時ごろ疲れが出てくるかも知ることができましたが、疲れが次の日に残ることが注意不足でした。休憩を多めにとり、もっと早めに寝ればよかったと思っています。
企業で働くことがどれだけ厳しいかを知ることができたことと、自分が役に立っていると思うことができた楽しい実習でした。ありがとうございました。


2016年7月11日(月)〜7月15日(金)
LITALICOワークス大阪京橋より、知的障がいと肢体障がいのある実習生を1名受け入れました。
印刷・製本業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
最初は緊張しましたが、日につれて慣れてきたため周りの人と喋れる様になりました。今回、煙草の仕分け作業を行いましたが、お客に渡す商品なので正確にかつ早く作業が出来るように心がけました。緊張するとスピードが落ちてしまう事がありましたが慣れてくるとスピードも上がり、本来の力が発揮できた実習だと感じました。


2016年6月27日(月)〜7月7日(金)
クロスジョブ阿倍野より、精神障がいのある実習生を1名受け入れました。
冷蔵庫付帯業務とコピー機リペア業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
実習を通して自分の仕事の癖が分かったと思います。今回一週ずつで立ち仕事と座り仕事を体験しましたが、座り仕事の方が眠気が出る事が分かりました。立ち仕事の際は動いているので楽だと感じました。
課題としてはメモ取りはあとに回すとメモを取る内容を忘れてしまうのですぐに書くようにしたいと思いました。


2016年7月11日(月)〜7月21日(木)
サテライトオフィス平野より、精神障がいのある実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
今回の実習ではパソコンの入力作業を行いましたが、とても充実した実習でした。目標にしていた大きな声であいさつをする事やミスなく丁寧に入力を行う事についても目標を達成することができたと思っており、自信にもつながりました。職場の方々は分からない事を丁寧に教えてくださったり、業務に対する熱心な態度が伝わってきて、自分自身も頑張ろうと思えました。6日間ありがとうございました。


2016年7月11日(月)〜7月22日(金)
クロスジョブ阿倍野より、発達障がいのある実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務と重要書類細断業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
今回の実習では事務系と作業系を1週間ずつ体験させて頂きました。1週目の事務系ではPC入力作業を行いましたが、はじめは何をしたらいいのか頭が回らず不安なところもありました。ですが、指導してくれた方の説明もわかりやすく、その後はスムーズに作業ができる様になりました。2週目の作業系では重要書類の細断作業を行いました。はじめは体力面で不安がありましたが、指導してくれた方からのアドバイスもあり、初日から眠気やバテることもなく、スムーズに作業ができました。
実習目標の「質問や相談する」は、おこなうことができました。また、「メモをとる」ことは、要点を残すことの難しさを知ることができました。
社会では集中力を維持することが大切で、集中力を保つ為には、日ごろからの規則正しい生活と生活のリズムをくずさないことが大切であることがわかりました。この実習で自分自身の成長を感じることができました。ありがとうございました。


2016年6月20日(月)〜7月1日(金)
クオリアより、精神障がいのある実習生を1名受け入れました。
コピー機部品清掃業務と重要書類細断業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
今回の実習では2部門を体験させて頂きました。コピー機部品の清掃部門では集中力を使い、疲れることもありましたが、ストレッチを行うなど工夫をしたことで、集中力を保つことができました。シュレッダーを使っての細断業務は、立ったままの作業でしたが、普段から体を動かしていることもあり、体力的には苦にはなりませんでした。実習前は自分に対して配慮を頂く必要はないと考えていましたが、今回、実習を行ったことで、今後、疲れた時などには、休憩を頂く必要があることも良く分かりました。実習を通じて色んな事が出来る様になり自信がつきました。今後も謙虚な姿勢で頑張ります。

 トピックス  2014年
                                                                                                                                      
 ホーム > トピックス > 2016年7月職業体験実習生受入について