2016年9月職業体験実習生受入について

2016年8月22日(月)〜9月1日(木)
クロスジョブ堺より、精神障がいのある実習生を2名受け入れました。
パソコン入力業務と冷蔵庫付帯業務と重要書類細断業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
今回の実習では1週目、2週目と違った内容の実習ができましたので、その変化への対応力や指示理解の検証ができました。1週目の事務系の実習では初日は緊張感で睡眠不足になり疲れがありましたが、2日目以降は慣れてきて、早めに睡眠も取れる様になり、体調管理をすることができました。また、オフィスの環境に入り、オフィスの雰囲気で慣らすことができました。そして、慣れてくると周囲が見えてきて、仕事の感覚も戻すことができました。実務ではデータ入力以外にもアンケート入力を任せて頂き嬉しかったです。その時、1つの事ができると、次の事も任せてもらえるということを感じました。今回の実習では新しいことをする時は必ずメモをとり、分からないことは相談をしてから作業をする事、効率の良い方法を見つけても相談をするということを学ぶことができました。また、自分自身どれだけできるか、どれだけ頑張れるかを確認できる良い実習でした。ありがとうございました。


2016年8月22日(月)〜9月1日(木)
クロスジョブ堺より、精神障がいのある実習生を2名受け入れました。
パソコン入力業務と冷蔵庫付帯業務と重要書類細断業務を担当していただきました。

(実習の感想)
今回、2週間にわたり作業系と事務系の実習を行い、自分の持っている特性とのマッチングが少しは見えてきた様に感じました。今後も、この様な事と向き合える様に考えていく取り組みをして行きたいです。実際に作業系の実習ではシュレッダーを使った細断業務を行いました。仕分け作業では周りの状況を見ながら段取りを考え、丁寧にする様に心掛けました。又、事務系ではPC入力を行い、思った以上に身体に負担が掛ることが判りました。疲れは早く寝ることで無くすようにしました。ありがとうございました。


2016年8月29日(月)〜9月2日(金)
チャレンジド・アソウより、実習生を1名受け入れました。
印刷業務を担当していただきました。

(実習の感想)
今回の実習はフルタイムでの体験で初めは不安でしたが、1週間やりきることができました。実際に色んな作業をさせて頂きましたが、単純な作業でも慣れるまでは難しく、工夫が必要であったり、出来栄え確認の大切さを学ぶことができました。今後、自分自身に更に自信をつける為には経験を積み重ね、結果を残していく様にしたいと思います。ありがとうございました。


2016年8月22日(月)〜9月2日(金)
ハンズ梅田センターより、精神障がいのある実習生を1名受け入れました。
印刷業務とパソコン入力業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
今回、2週間に渡り、職場実習を体験させて頂きました。実習では職場でのコミュニケーションの取り方、フルタイムでの生活のリズムや仕事の負荷に自分が耐え得るか確認することができました。指示を受けて自分なりに効率の良い仕事のやり方を考えたりすることで、仕事の勘を取り戻せた様に思います。自己発信においても積極的に報連相をすることができました。こちらで2週間過ごしたことは、自分にとっても、とても自信になると思います。ありがとうございました。


2016年9月5日(月)〜9月9日(金)
リトハウス長堀橋より、知的障がいのある実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
今回の実習では、PCを使ってExcelの入力作業を行いました。初めての事務作業だったので、どんなことをするのか想像ができませんでしたが、その場の雰囲気を味わうことができ、実習の後半では余裕をもって作業をすることができました。また、実習中は8時間のフルタイムで大変でしたが、欠勤や遅刻もなく、体調を崩さずに頑張ることができ、1週間とてもいい経験ができたと思います。ありがとうございました。


2016年9月12日(月)〜9月16日(金)
クロスジョブ堺より、発達障がいのある実習生を1名受け入れました。
コピー機部品清掃業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
今回の実習では、コピー機部品の清掃作業を行いました。私自身、初めての実習体験でしたので分からないことも多く、「自分にできるかな。」と不安や心配がありましたが、実習場所の方々に分かりやすく、丁寧なアドバイスや注意点などを教えて頂き、とても良かったです。実習中は同じミスをしない様にメモを取り、メモを使って確認することの大切さを学びました。反省点としましては品質に対する意識が少し足りなかったのではないかと思っています。今後は自分で勝手に満足をしない様にしたいと思います。1週間実習を行い、実習の最後には「自分にならもっとできるんじゃないか。」という自信につながりました。ありがとうございました。


2016年9月5日(月)〜9月16日(金)
クロスジョブ阿倍野より、発達障がいのある実習生を1名受け入れました。
冷蔵庫付帯業務と重要書類細断業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
冷蔵庫のブチルをきれいに並べてはることが、一番頑張れたと思います。斜めにならないよう、中央に貼るよう気を付けました。
今回の実習では、報告等する時に「いまいいですか?」と聞くことを目標としました。1週目の現場では聞けていたと思います。
一つのことを続けてする作業は楽しいと感じました。


2016年9月5日(月)〜9月16日(金)
加島友愛会 Linkより、知的障がいと精神障がいのある実習生を2名受け入れました。
コピー機リペア業務と冷蔵庫付帯業務と重要書類細断業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
実習で必要なものを揃えたりすることを、今回の実習では頑張ることができました。また、時間を意識するために時計を付けて実習をしました。
しかし、正しい言葉使いで話す事や、大きな声で話すことはこれからも頑張らなければいけないと思いました
目標としていた毎日続けてくる、ということは実習が途中で中止になったためできませんでした。もう一つの目標の「身だしなみを整える」は、自分で出来ていたかどうかわかりません。大きな声で話す事は、2点(5点満点)位だと思います。


2016年9月5日(月)〜9月16日(金)
加島友愛会 Linkより、知的障がいと精神障がいのある実習生を2名受け入れました。
コピー機リペア業務と冷蔵庫付帯業務と重要書類細断業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
大きい荷物を運んだり、紙に禁忌品がついていないか確認したりする仕事を頑張りました。
作業をして疲れたときもありましたが、しんどくても休まずに来ることができました。
休むと他の人に迷惑をかけるので、仕事は休んではいけないと思いました。
仕事をするときは、早く終わらせるためにペースを上げて頑張りました。


2016年9月12日(月)〜9月16日(金)
ディスエイブルド就労支援センターより、知的障がいと聴覚障がいと精神障がいのある実習生を2名受け入れました。
パソコン入力業務と印刷業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
久しぶりに座っての作業を行いました。普段からパソコン操作について勉強していますがいつもと違う環境だとうまく操作できない事が分かりました。作業自体は集中して作業が出来ましたが、体力が切れると集中が散漫になってしまうのでうまく気分転換しつつ作業出来るようになりたいと思いました。


2016年9月12日(月)〜9月16日(金)
ディスエイブルド就労支援センターより、知的障がいと聴覚障がいと精神障がいのある実習生を2名受け入れました。
パソコン入力業務と印刷業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
作業環境も素晴らしく、指示もスムーズに出して頂けるので動きやすいと感じた実習でした。
実習の中で集中して作業する事と作業効率を上げる事を頑張りました。
人の目を見た話す事が出来なかったので今後の課題として頑張りたいと思いました。


2016年9月20日(火)〜9月23日(金)
チャレンジド・アソウより、発達障がいと精神障がいのある実習生を1名受け入れました。
印刷業務を担当していただきました。

(実習の感想)
今回の実習では印刷業務の補助作業を行いました。支援施設で学んできたこと、例えば挨拶や声掛け、笑顔で居ること、メモ取りや相手の目をみて話すことを実践することができました。反省点としては声が小さかったことです。今回の実習では高評価を頂き、もっと自分に自信を持ってもいいという意見を聞けたのが良かったです。別の職場でも今回学んだ成果が出せるようにしたいです。


2016年8月29日(月)〜9月9日(金)
クロスジョブ梅田より、発達障がいと知的障がいのある実習生を1名受け入れました。
コピー機リペア業務とコピー機部品清掃業務を担当していただきました。

(実習の感想)
分からない事を聞くことについて田辺ビルのコピー機リペア作業では出来ていたことが、特選ビルのパーツ清掃では出来なかったと感じました。リペア作業だと組み立て方や分からないことがハッキリしているので聞きやすかったのですが、パーツ清掃では磨き方や落ちない汚れ等、聞いて良いことなのかどうか悩んだからです。しかし作業の後に「ここがこういう風に磨けてなかったよ」と具体的に教えてもらい、パニックにならずに作業が出来ました。
職場の雰囲気は、指導してくれた人の「仕事をしっかり教えよう」という熱心さや「何でも聞いてくださいね」と親しみやすい声掛けがあり、良かったです。
実習の評価は自分が思っていたよりも全体的にとても良く、自信につながりました。今後の気をつける所はパーツ清掃で感じた「同じミスをしないように指摘を受けたことはきちんとノートにとって忘れないようにする」ことです。


2016年9月5日(月)〜9月9日(金)
エンカレッジ大阪より、発達障がいのある実習生を1名受け入れました。
印刷業務を担当していただきました。

(実習の感想)
今回の実習では、コミュニケーション力を養う、集中力を途切れないようにする、人の話を聞くを目標として取組みました。
単調な作業が続きましたが、4日間出来たことは自分にとっては大きな成果です。一方で、言葉使い、特に敬語などはセミナーなどで習ってはいるものの、使い慣れていないのでうまく使うことが課題だと分かりました。
実習を通して、仕事をする上で大切な事は忍耐力だと思いました。


2016年9月20日(火)〜9月30日(金)
チャレンジド・アソウより、知的障がいのある実習生を1名受け入れました。
パソコン入力業務とパーツ清掃業務を担当していただきました。

(実習の感想)
今回、2週間にわたってパソコン入力業務とコピー機部品の清掃業務を行いました。パソコン入力業務では、初めは入力内容の確認があまり出来ておらず、指導者の方から確認の大切さを教えて頂きました。コピー機部品の清掃作業では、日々目標数を設定し、集中力を維持しながら作業を行いました。事務系と作業系の2つを経験しましたが、自分自身では事務系の方が向いていると思いました。実習目標の「仕事に対するコミュニケーションとビジネスマナーを学ぶ」に関してはしっかりと学ぶことができました。今回の実習を通じて、作業の正確さと報連相が大事であると改めて思いました。2週間ありがとうございました。


2016年9月20日(火)〜9月23日(金)
リトハウス長堀橋より、知的障がいと発達障がいのある実習生を1名受け入れました。
パーツ清掃業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
実習では手話を使って話しをされている人もおり、コミュニケーションとは言葉だけでは無いのだなと感じました。
3日間の実習でしたが、2日目までは質と量のみに強くこだわり作業をしていましたが、3日目は質と量だけではなく、コツや経験を教えてもらい、次に生かせるような作業方法を意識して行いました。
作業の評価も良く頂け、本当にうれしかったです。


2016年9月26日(月)〜9月30日(金)
エンカレッジより、発達障がいのある実習生を1名受け入れました。
印刷業務を担当していただきました。

(実習生の感想)
実習自体初めてでしたが、社会で働くとはどういう世界なのか知ることができたと思います。
パソコン作業は自分の中では少し難しい所もありましたが、軽作業についてはやりやすいと感じ、作業の向き不向きが分かったと思います。
実習の中で実習担当の方がアドバイスや提案を色々していただいたのですが、自分の中でとらえる事が出来なかったので今後アドバイスや提案を聞きいれて実行できるようにしたいと思いました。

 トピックス  2014年
                                                                                                                                      
 ホーム > トピックス > 2016年9月職業体験実習生受入について